兵庫・岡山・姫路の北欧スタイルの住まい、欧米スタイルの住まい。

 
 
施工例を見る
モデルハウス
モニターハウス
北欧スタイル
スウェーデンホーム
北欧スタイルの家造り
構造・工法
土地情報
直輸入北欧建材
家造りの流れ
お客様の声
開発者から一言…
 
 
基礎・地盤
 
家の耐震性・耐久性が優れていても基礎が弱ければ地震で崩れて
しまいますし、地盤が弱ければ不同沈下を起こしてしまいます。
スウェーデンホームでは全棟地盤保証はもちろん、基礎の耐久性を
向上させるため、荷重が分散して逃げやすい「ベタ基礎」を標準
採用し、防湿シート+防湿コンクリートの2重防湿を施しています。
 
 
建物の荷重や地震・台風などの自然災害時の集中荷重などを
直接地面に逃がす役割を担っているのが基礎です。
建物の耐震性や強度を向上させるだけでは本当に安心出来る家
とは言えません。
基礎の巾を厚くしても、布基礎(周辺部のみの基礎)であれば
荷重は集中し、壊れやすくなります。
ベタ基礎では荷重を基礎の底面全体で逃がすので力が分散され、
壊れにくい基礎になっています。
 
 
住宅においての天敵「シロアリ」
被害にあっている住宅のほとんどが、布基礎で地盤面が
直接見えている、もしくは、土間コン程度の薄い
コンクリートしか施工していない為に床下がシロアリの
温床になっているのです。
また、最近話題になっている外断熱工法も外部の断熱材
からのシロアリの侵入が大きな問題になっています。

スウェーデンホームでは、床下に鉄筋を入れた分厚い
コンクリートで覆う為、シロアリが巣を作りにくい
構造になっております。
 
 
 
地盤への力の伝わりを均一にする
ため割栗石を敷き詰め配筋の準備を
します。
防湿シートを貼り鉄筋を配筋していきます。
縦横に敷き詰められた鉄筋は
コンクリートの脆性破壊を防ぎます。
         
基礎床版の施工です。コンクリートが均一になるように手作業で均していきます。
床版のコンクリートが乾いたら
立ち上がりを打設します。
コンクリートの強度が発揮されるまでしっかりと養生期間をとり、次工程に進みます。
 
 
家の耐震性は高いが地盤が弱ければ家が傾いてしまいます。
スウェーデンホームではお客様にご安心して暮らして頂ける様に、
全物件・全敷地に対して綿密な地盤の調査・検討を行います。
地盤の構成・地耐力を検討し資料に基づいたご説明をさせて
頂いた上でお客様に合った地盤の補強工事をご提案致します。
(調査費用、地盤改良費用は本体費用には含みません)
 
[地耐力の検討]
 
[表層改良]
 
[柱状改良(摩擦杭)]
 
[柱状改良(支持杭)]
 
土地情報 | 施工エリア| サイトマップ Copyright (C) 2017 SWEDEN HOME JAPAN. All Rights Reserved