兵庫・岡山・姫路の北欧スタイルの住まい、欧米スタイルの住まい。

 
 
施工例を見る
モデルハウス
モニターハウス
北欧スタイル
スウェーデンホーム
北欧スタイルの家造り
構造・工法
土地情報
直輸入北欧建材
家造りの流れ
お客様の声
開発者から一言…
 
  高断熱性能   高断熱性能  
 
 
住宅の断熱性能において、気密性能は最も重要です。
それは、いくら床・壁・天井に高性能な断熱材を施したとしても、気密性能が悪ければ、
その住宅は「蓋の開いた魔法瓶」と同じで、
‥濔 暖めた空気は冷たい屋外に流出し、夏場 屋外の高温が室内に侵入し、
建物の断熱性能を著しく低下させます。
 
 
室内と屋外に温度差がある以上、大気は動き、
湿度を帯びた空気は温度の低い方へ動こうとします。
石こうボードなどは、水分の透過性が高く、躯体内への水分の浸入を許してしまうので、
気密シート貼りは、気密住宅では非常に重要です。
 
壁厚以上の厚みの断熱材を押し込むので、壁内には隙間がなくなり、自ずと気密性も上がります。
 
コンセントボックスは、外壁側には全て気密コンセントを使っています。
 
 
壁パネルを2重にし、気密シートも2重に施工することで、更に気密性を高めています。
 
コンセント等をとっても、メインの壁の2×4側の壁には欠損が起こりませんので、安定した気密を保てます。
 
ツーバイフォー
軸組み工法
左のイラストでもよく分かるように、日本家屋の代表的な在来軸組工法の場合、元来「隙間風の吹く家」と表現されるように作られた工法ですから、床下の空気は容易に壁内に侵入しますが、スウェーデンホームのツーバイフォーは、工法自体が気密性能に優れ、床下の空気と壁は繋がっていないので、結露の心配がありません。
 
 
海外で生産するパネルは、コンテナに入るように小さくなったり、高さが低くなったりしますが、国内でパネルを作成することにより、大きく、幅の広いワイドパネルでの作成が可能です。
これにより、気密性も大きく向上し、隙間がなくなるのは勿論、安定した構造の確保にもつながります。
 
 

冷蔵庫の扉が開き戸であるように、開口部の気密性を高めるには、日本の住宅に多い「引き違い窓」では厳しいものがあります。
それは、引き違い窓には隙間が多く、気密性を確保するには形状的に厳しいからです。
スウェーデンホームでは、気密性の高い開き戸に、内倒し機能を加えた「ドレーキップ開閉方式」を採用し、気密性の低くなる開口部もしっかり気密しています。

※トイレ・洗面・UBは、樹脂のペアガラス開き戸になります。
(木製建具の内部からの耐湿対策として)
 
 

気密性の必要な3重サッシは、2重パッキンになっています。テンションのかかりやすい金物にもなっており、しっかり気密を保ちます。

玄関ドアにもパッキン処理をしています。
冷蔵庫の扉のようなパッキンで、しっかり気密を保ちます。
(右のドアの写真はA,Sクラスのもの)
 
土地情報 | 施工エリア| サイトマップ Copyright (C) 2017 SWEDEN HOME JAPAN. All Rights Reserved